PPLS > 特集・コラム一覧 >夏だ! 陶芸だ!

夏だ! 陶芸だ!


季節が一つ動き、暑いシーズンが近づいてきましたね。
梅雨を越えればまた太陽照り付ける夏がやってくると思うと、ワクワクするようなゲンナリするような……。
まだ少し早いですが、所によっては、もう既に汗がにじみ始めているかも知れませんね。日々の気温は安定しませんが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。


夏といえば、皆さんは日本で観測された最高気温をご存じですか? 37度? 38度?

いえいえ、こんなものじゃありません。これでも充分くたびれてしまいますが、なんと静岡県では41.1度を記録したことがあるのです!

私は暑さに弱いので、41度なんて聞くだけでもゾッとします()

殊更暑い地域というと、静岡県だけでなく岐阜県も有名ですね。

気象庁によると、観測した最高気温TOP10のうち、岐阜県がなんと3地点でランクイン!(20226月現在)

岐阜県がいかに暑いかが伝わってきます()



実はこの暑い岐阜県が、今私の中で最も熱いスポットなのです!

岐阜県といえば、言わずと知れた美濃焼の聖地。陶芸が盛んな地域なんですね。

陶芸というと、日本の格調高い伝統産業であり、自分がやるなんて考えられないという方もいらっしゃるかと思います。

かくいう私もその一人で、最近まで興味を覚えることさえありませんでした。

そんな私が陶芸を知り興味を抱いたのは、近年放送された「やくならマグカップも」(CBCテレビ、2021)というアニメを拝見したのがきっかけです。

岐阜県多治見市を舞台に、部活動で陶芸を行う少女たちの青春を描いた作品なんですが、見ているうちに自分もやってみたいなあと思うように()

でも陶芸って専門の施設に行かないと出来ないのでは?

確かに複雑なものは難しいかも知れませんが、簡単なものなら弊社でお手伝い出来るかも知れません!




まずは陶芸といえばこちら! 「手回しろくろ」のご紹介です!




Amazon.co.jp: 3214 PPLS 手回しろくろ 陶芸用 軽量タイプ 30cm : ホビー

やっぱり陶芸と聞くと一番にイメージするのはろくろですよね。

高速回転するろくろに翻弄されて、土の形を崩してしまう、というのは最早テンプレートではないでしょうか。

しかしこちらのろくろはあくまで手動ですので、予想外の失敗、というのは起こりにくい。

初心者にとって失敗は最大の天敵ですからね()

また自分のペースで回すため、細部の装飾などにもこだわれます。

あるいはプラモデルやフィギュアなど立体模型の彩色にも役立つのではないでしょうか。

シルバーの天板とゴールドの土台というシンプルでおしゃれなデザインのため、非使用時の収納にも困りません!

サイズは23cmと30cmの二種類からお選び頂けます。


陶芸に必要なものとしては、粘土も挙げられますよね。

でも簡単に入手出来る粘土って、紙粘土ぐらいしか思いつかない……、という方も多いのではないでしょうか。

そんな皆さん、ご安心ください! 弊社ではそちらの取り扱いもしております!







2602 PPLS 工芸用 ベントナイト クレイ パウダー 1000g | 産業・研究開発用品 | 産業・研究開発用品 (amazon.co.jp)

これは「ベントナイトクレイパウダー」という商品で、水に溶かすと粘性と透水性の出る粉末になっております。

このベントナイト、吸水性だけでなく吸着性も高く、加工次第では石鹸や鋳型、果てには猫砂などにも姿を変えるそうです。一人で何役もこなす千両役者ということですね!

好きな形が整えば、自分好みの色に染めたいと思うのは人の性です。

陶芸品に色を付けるのには釉薬(ゆうやく)という道具を用いるのですが、なんとこちらも現在準備中!

もう間もなく販売開始となりますので、今から陶芸を始めてみたい方は是非この機会をお見逃しなく! D’ont miss it














PPLS